S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


無題

最近2,3ヶ月通勤の電車ではマイルスデイビス60年台後半〜70年台を聴いていた.
ジミ・ヘンドリクスの「Valleys of Neptune」が手に入ったので,これを機会にヘンドリクスを聴き直す.
ギルエバンスの「Plays Jimi Hendrix」を愛聴していた時期があったのだが,オリジナルを聴き直して再評価.
一番好きなのは「Little Wing」なんだが,ライブ版は聴いたことがない.
現存するアルバムを全部きいたわけではにのだが,渋さ知らずのカバー「アラタのちっちゃな翼」が現時点でも最高の演奏である.
オリジナル<ギルエバンス版<渋さ(渋さ道)版
渋さの他のバージョンもあるけどもアラタさんのが一番好良いと思う.


by count-zero-y | 2017-12-28 00:16 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cohomology.exblog.jp/tb/29000684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 追悼:狩撫麻礼 無題 >>