S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


無題

ここんとこ山本夏彦氏の本にはまる.
最初が図書館で見つけた「「戦前」という時代」で,「夢想庵物語」はブックオフで百円で入手(これは面白すぎてもったいないのでゆっくり読んでる)

「私の岩波物語」と「完本 文語文」を図書館で借りる.
もう一冊は平子龍に関する本で知った森銑三の「風俗往来」

そういえば先月,大泉黒石の本が河出文庫から出ていたが,これも気になる.
ちなみに大泉黒石は俳優大泉滉の父でロシア人ハーフ.
大正時代の作家が気になる理由はマイブーム大杉栄のせいかどうかわからん.

祖父の青春時代かと思うが,生きているうちに聞いてみたかった.
自分が賢い人間であったら聞けたはずなのがくやまれる.
by count-zero-y | 2013-10-12 00:11 | 雑文 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://cohomology.exblog.jp/tb/20560788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無題 無題 >>